親族の結婚式に参列する際の慶弔休暇の事由の書き方と大切な事とは?

男性芸能人

こんにちは、きんちゃくです。

近々、親戚の結婚式に参列する機会があります。

子ども二人を連れて実家に帰るので、いろいろと準備に追われているところです。
結婚式に参加するというよりも、1泊2日の家族旅行に行くような感覚で、いまからドタバタしています。

もちろん家庭での準備だけでなく、職場での引き継ぎも並行して行っています。
私の職場は月に1度だけ休日対応の出勤があるのですが、ちょうど結婚式の日とバッティングしてしまいました。

何という幸運…!

ということで、休暇をもらうために申請書を書いていたのですが、

申請書の欄の「事由」のところで、なんて書いたらいいのかわからず詰まってしまいました

いつも有給を取得する場合は、「私事都合の為」と書いていましたが、
結婚式に参列する場合は、いったいどうやって書けばいいのか?

実は、社会人になってから、結婚式に出席するのは初めてなので、
結婚式に参列するために休暇届を出すのは初めてだったんです。

こんなこと言うと、友達の少なさが一発でバレてしまいますが、まあ気にしません。

申請書を書きながら、いろいろと考えることがあったので、今回は

親族の結婚式に参列する際の慶弔休暇の事由の書き方と、慶弔休暇の事由を書くにあたって考えたい大切なこと

について紹介したいと思います。

親族・近親者の結婚式に参列する場合の事由の書き方

まずは、私の実際の経験を紹介しますね。

結婚式に参列する場合の事由の書き方【てつおの場合】

私の場合ですが、書類には

「親族の結婚式に参列する為」

と、書きました。

自分で考えたのですが、無難な書き方じゃないかなと思います。

恐る恐る提出してみたのですが、
上司は何事もなかったようにサッと申請書を受け取り、印鑑を押していました。

一応、「その書き方で大丈夫ですか??」と確認しましたが、

「んん。まあ問題ないんじゃない」と一言だけ。

完全に興味ナシ。。。

そっけない反応でしたが、とりあえず書き方に問題はないようで一安心しました。

無事に休暇ももらえましたので、私の書いた「親族の結婚式に参列する為」という書き方で問題はなかったようです。
めでたしめでたし。

親族や友人の結婚式に参列するとき、休暇申請書の書き方で迷ったら、「親族の結婚式に参列する為」という文言を使ってみて下さい。

怒られてしまったらスミマセン。

親族の結婚式に参列する際の慶弔休暇の事由の書き方で大切な事とは?

私が思うに、親族の結婚式に参列する際の、慶弔休暇の事由の書き方ですが、
大切な事は2つあると思います。

一つは会社のルールに合わせる事、もう一つはあまり書き方を気にしたり、こだわりすぎたりしない事です。
順を追って、説明していきます。

申請書類は会社のルールに合わせよう

休暇申請書に限らず、社内向けの書類一般すべてに言えることですが、書類は社内で一般的に使われている文言や文章をコピペして作成してしまいましょう。

会社それぞれに、社内の暗黙のルールとか、社内で良く使われる文言とか言い回しってありませんか?
社内ルールを尊重して、それにのっとって書類を作成するのがいいでしょう。

会社のルールに合わせて、コピペで作成するのは自分のためにもなりますし、実は相手を思いやった行動にもなり得ます。
一つ一つ解説していきます。

会社のルールに合わせて書類作成すると自分のためになるのはなぜ?

コピペで書類作成する事で、まず自分自身の時短・エネルギーの節約が期待できます。
申請書類なんてものは、基本的に個性とか、内容の濃さは必要ありません。
稟議書なんかはまた別ですが。

時間は有限で、エネルギーも有限です。
自分自身の大切なことに時間もエネルギーも使っていくためにも、サボれるところはトコトンさぼりましょう。

会社のルールに合わせて書類作成すると他人のためになるのはなぜ?

コピペで書類作成は、自分だけでなく他人のためにもなります。
なぜなら、コピペ書類は他人のエネルギーを必要以上に奪わないからです。

書類のチェックって、意外とエネルギーを使う作業だったりします。
ひとつひとつ中身を精査して・・・なんて事をやるのは、事務職で働いてる私でも辛いです。

コピペ書類は、チェックする人の労力を軽減するのに役に立ちます。
「あ、前にも同じ書類あったな。じゃあサッと目を通すだけでいいか」となります。

結果、他人の為になるのです。

仕事に対する姿勢としては、決して褒められたものではないかもしれません。
ですが、人間のエネルギーは有限です。「○○はこうあるべき」「○○はこうしないと」という考えを捨てられないと、ブラック企業的な働き方になってしまいますよ。

申請書類の書き方にこだわりすぎるのはやめよう

上の内容にも若干カブリますが、休暇申請などの申請書類の重要度って、カナリ低いですよね。
(上司が有給申請を受け取ってくれない!のはまた別問題ですが)

重要度の低い仕事に、頭を使うのは極力避けましょう。
最低限の事ができていればOK!と考えて、テキトーに済ませてしまいましょう。

あ、もちろん不備があってはいけませんよ。
提出前のチェックは、必ずやりましょう。

親族・近親者の結婚式に参列する場合の事由の書き方のまとめ

今回の記事をまとめると、

  • 親族の結婚式に参加するとき、申請書の事由の欄は「親族の結婚式に参列する為」と書いたら問題なく申請が通った
  • 申請書類は社内のルールに従って、コピペで片付けよう
  • 申請書類の書き方はあまり気にせず、テキトーな気持ちで済ませよう。

こんなに文章を書いておいてアレですが、とにかくテキトーな気持ちで、考えすぎないことが大切だと思います。

日々、些細なことで悩んでいる人たちの力になりたいと思ってます。

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました