アンガーマネジメントとは何か?怒りの正体と対処法について

文化人

「アンガーマネジメント」、ご存じですか?

知らない、もしくは興味があるから検索してみた人が多いのではないでしょうか。

アンガーマネジメントとは、「怒りの感情とうまく付き合うための方法」です。

怒りっぽくてつい失敗してしまう人には、必ず役に立つ方法なのでご覧ください。

スポンサーリンク


アンガーマネジメントとは何か

アンガーマネジメントとは、最初に伝えた通り「怒りの感情とうまく付き合うための方法」です。
「怒りをコントロールする方法」とも言い換えられます。

きんちゃく
友達と喧嘩したり、つい怒りに任せて失礼な言動を取ってしまい、上司や先生関係が悪化したり・・・
あの時何であんなに怒ってしまったんだろう?という後悔をしてしまう事ってありますよね。

怒りに任せて衝動的に行動してしまう人が、怒りの感情をコントロールするために必要なのがアンガーマネジメントです

怒りをコントロールする方法と聞くと、「怒らなくて済む方法」だと思ってしまう人もいますが、それは違います。

アンガーマネージメントでは怒りを否定していません。

子どもがいけない事をした時や、部下がミスをした時など、日々の生活や仕事をする上で、怒らなくてはいけない時って必ずありますよね。

怒るべき時には適切に怒り、怒る必要がない時には怒らなくて済むように怒りをコントロールするのがアンガーマネジメントです。

アンガーマネジメントを勉強して、仕事場での人間関係のストレスや、家族間での揉め事などを減らしていきましょう

怒りはなぜ生まれるのか?

そもそも怒りの感情はどうやって生まれるのでしょうか?

アンガーマネジメントに関する多くの書籍では、怒りは出来事に対する意味付けによって生まれるとされています。

きんちゃく
意味づけ=「物事をどのように捉えるか」とも言えますね。

仕事で部下がミスをしてしまったときに、どのような意味づけを行うでしょうか。

A課長
「ナイスチャレンジ!次からミスしなければOKだ」
B課長
「なぜこんなミスをするんだ!仕事をなめているのか」

あなたはどちらに近いでしょうか。
怒りが発生するのはもちろん後者です。出来事にネガティブな意味づけを行うことで、怒りの感情が発生します

 

スポンサーリンク


「~べき」から怒りは生まれる

では、なぜ意味づけが人によってことなるのでしょうか?その理由は人それぞれの価値観によるところが大きいです。

人はそれぞれ「~するべき」というの価値観を持っています

先ほどの例だと、仕事で部下がミスをしてしまったときに「ナイスチャレンジ!次からミスしなければOKだ」と意味づけした人は、「部下の失敗は前向きに受け問えるべき」「人のミスは受け入れるべき」という「~べき」の価値観を持っておいると考えられます。

対して「なぜこんなミスをするんだ!仕事をなめているのか」と意味づけする人は、「仕事においては一切のミスは許されず、完璧に行うべき」という価値観があると推測できます。

このように個々の「〇〇べき」という価値観が、同じ出来事であっても異なる意味づけを行う原因になるのです。

そして「〇〇」べきという価値観が裏切られたとき、怒りが発生します

アンガーマネジメントでの怒りへの対処法

アンガーマネジメントでは、怒りへの対処法はメンタル的なアプローチ具体的な行動の2種類が存在します。

メンタル的アプローチ

メンタル的アプローチでは、先ほど説明した「〇〇べき」の問題にフォーカスます。

「〇〇べきは」一人一人の中に存在しその程度や立場、代背景によって様々です。
昔は多くの人々にとって常識だった「~べき」 も、時代が変われば常識ではなくなるケースは多々あります。

「子供は3歳まで母が過程で育てるべき」という、いわゆる3歳児神話は典型的な例ではないでしょうか。
共働き世帯が増え、保育園に子どもを預ける人が増えたことで、「子供は3歳まで母が過程で育てるべき」という価値観は現在では常識ではなくなっています。

重要なのは、「〇〇べき」という価値観が相手と違うからと言って、否定しないことです。

相手の価値観を理解しようと努力し、自分の中の「べき」を押し付けない事が重要です。

きんちゃく
対話の基本中の基本ですが、なかなか難しい・・・

怒りを抑える具体的な方法

怒りが生まれてしまったときにはどのように対処すればいいのでしょうか。アンガーマネジメントの代表的な方法を3つ紹介します。

手段1.6秒ルール

怒りの感情のピークは6秒間だと言われています。

きんちゃく
諸説ありますが、アンガーマネジメント本の多くに書かれているのが「怒りのピークは6秒間」です。

怒りを感じた時に、6秒数えることで、怒りのピークをやり過ごすのが6秒ルールです。

6秒のカウントは人それぞれで構いません。

「1,2,3,4,5,6」でも良いですし、「100,98,96,94,92,90」と変則的な数え方でもOKです。

自分なりの数え方を見つけましょう。

手段2.タイムアウト

タイムアウトとは、怒りが生まれたときに一時的にその場を離れて怒りを鎮める対処法です。

おかあさあんが子供に対して怒りを覚えた時や、家族でけんかしてしまい、怒りのボルテージが高まってきたときに有効です。

タイムアウトには注意点が二つあります。一つは必ず「今からトイレにこもるね」など、一言断ってからその場を離れることです。無言でその場を立ち去ってしまうと、相手に逃げたと感じさせ、さらなる怒りに発展する可能性があるので注意しましょう。

二点目はその場を離れたあと、大声を出したり物に当たったりするのは控えるという点です。その場を離れたときは、音楽や飲み物など、リラックスできる環境を作り、怒りを遠ざけましょう。

手段3.深呼吸

シンプルですが効果的なのが深呼吸。

目安としては鼻から4秒間息を吸い、口から6秒間かけて吐き出します。これを4,5回繰り返しましょう。

怒りが発生した最初の状態よりは、落ち着きを取り戻していることが実感できるはずです。

まとめ

  • アンガーマネジメントとは、「怒りの感情とうまく付き合うための方法」
  • メンタル的なアプローチと具体的な行動で、怒りに対応する
  • 6秒ルール、タイムアウト、深呼吸で怒りをやり過ごす

アンガーマネジメントを実践すると、いかに自分が感情任せに行動していたかを実感できます。ぜひ実践してみてください。
あなたの日々のストレスが少しでも和らぐことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました